上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
いつもの挨拶、おひさしブリーフです!

ご無沙汰してました。

今回は、けっこう更新があいてしまいました。。。

3ヶ月くらいでしょうか。。。

ガラハッド卿、7月末に完成したんですが、写真を撮る前に、「グランドペイントコンテスト2008」に出品してしまったため、日記に載せることが出来なくって、ネタ切れでした。

その後、「グレイルナイト・リニューアル大作戦」を継続するため、グレイルナイトを2体同時にペイントし始めたんですが・・・

「ドMの僕でも、とても心の折れる事態」

が起こってしまい、しばらくミニチュアに触る気が無くなってしまっていました。。。



ドMの僕を、そこまで追い詰めた事件・・・

「ドピュッ!白濁液が乾かない事件」

を紹介すると共に、第2の被害者が出ないために、お役に立てればと思い、筆をとりました。


こちらは、被害に遭われた、ブレトニア・ウォーホースのお二人です。

hakudaku1

遠目では良く見えないので、もっと近づいてみましょう。

hakudaku2

hakudaku3

紋章デカールが、シワシワにならないように&強度UPのために、ARDCOAT(GLOSS VARNISH)を、デカールの上に塗っているんですが、今回、コレが、なかなか透明にならなかったんです。

ARDCOATは、最初は半透明(白濁液)なんですが、乾くと透明になるんですよ。。。

なのに・・・いつまで経っても、白濁液は白濁液のまま・・・あり得ないっ!!

3週間くらいかけて、コツコツと塗った、ウォーホースなので、頑張って修復しようと思ったのですが、満足いく状態にまで、もっていくことが出来ませんでした。

作り直しです。。。

最初は、ジメジメした夏の空気のせいだと思いました。

もしくは、白濁液をかけ過ぎたのかと思いました。

とにかく、被害者のバーディングを真っ黒に塗りなおし、何度か実験をしてみました。

そして分かったこと。

ARDCOATが古くなっていたことが原因でした。

新品のARDCOATは、液体がサラサラ、まさに、「サラサラ血液状態」だったんですが、失敗した方は、ドロドロの「ドロドロ血液状態」でした。

実際に新品のARDCOATを使って、実験してみたら、じめじめ空気の中でも、ちゃんと透明になってくれました。


もし、僕みたいにARDCOATを使っている人がいれば、お気をつけくださいな。

hakudaku4

とりあえず、まったく同じウォーホースの作り直しが、ココまできました。

スポンサーサイト

テーマ : 日記・雑記 - ジャンル : ゲーム

 

<< ありがとうございマッスル!! | Home | グレイル・ナイト・リニューアル大作戦④ >>

コメント

何とも災難でしたナ^^;

おひさしブリーフ!
相変わらずのエロスな語り口を拝見出来て嬉しいデスヨ^^
実は髭親父もインク販売中止で新製品のウオッシュじゃ
テカテカ感が出ないので指輪のペイント用に「白濁液」を
購入したばかりなのデス。
こりゃZONOさんの教訓を肝に銘じてドロドロには要注意!ダネ。
でもドロドロ白濁液は水を混ぜても再生しないのカナ?
溜り過ぎない様にマメに出さなきゃ濃くなるのが白濁液の常?なれば
お手入れはチャントやらなきゃデスナ^^;

さっそく

さっそくコメントありがとうございマッスルです!

水を混ぜて・・・っていうのも、実験してみましたが、白濁液のままで、失敗に終わりました。。。ただ、薄めに塗ったところは、ドロドロでも透明になっていたので、僕みたいにデカール保護用に、ちょっと厚めに塗る使い方をしなければ、いけると思いますw

せっかく塗ったミニチュアが、白濁液にまみれて死んでいくのを二度と見たくないので、今度からは、ドロドロっぽく感じたら、実験台を使ってから、本番にいこうと思いマッスル。

あと、またお時間が合えば、遊んでくださいっス!

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 

powered by

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。