上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
ルーエン公の製作も終わって、一息ついたところなんですが、もう目の前にサフ吹きの終わった「ナイト・オブ・ザ・レルム」が僕をじっと見つめております。

まだ、塗りのテンションが保たれているんで、ここは一つ、ナイトの量産塗り(っぽい感じ)に挑戦しようと思いました。

っていっても、ぼくの集中力と、ブレトニアのバーディングのカラーバリエーションの多さから、3体同時が限界です。

まぁ、その話は次回することにして、今日はブレトニアの命のひとつ、「紋章」について書いちゃおうと思いマッスル。

5版の頃は、グレイルナイト以外の紋章は、アーミーブックの「紋章ページ」を参考に、漢の情熱と根性でなんとかしないといけませんでした。(鍛えろ!ウォーハンマッスルの「トレーニングルーム」参照)

ところが、6版では、ナイト用の「紋章デカール」が用意されているではないですか。ぼくの発明した「マスキングテープさんありがとう大作戦」は、もはや時代遅れの技術として、世間の笑いものになっているに違いありません(Mなのでウレシイですが)。

ってことで、6版のクエスティングナイト9体を「紋章デカール」を使って完成させた、デカール歴9体の僕が、「こうやるとキレイに貼れるよ」って思ったのを書きマッスル。参考にならないとは思いますが・・・。


バーディング1

まずは、紋章を貼る下地に2~3回、筆で水を塗りマッスル。紋章は「紋章色」(赤、青、黒)と「金属色」(白、黄)の組み合わせに注意しましょう!


バーディング2

そして、すかさず予めカットしておいた紋章デカールを、水の中にINっ!!
このとき注意するのは、「なるべく紋章以外の余白はカットする」(貼ったときに面積が大きいと、シワになりやすいの)っていうことと、「水の中でデカールを手放さない」(水中をデカールが泳いで大変)っていうことでありマッスル。


バーディング3

紋章デカールを水につけて2~30秒数えたら(両手を使って数えるとダメだよ)水からあげて、筆でずらすようにして下地の上に置きマッスル。
そんで、筆でやさしくポジションを調節(乳首を筆でさするイメージで)。
デザインナイフを使ったり、針を使ったりしてやってみたけど、筆が一番よかったです。(乳首じゃないよ)
ここで、筆で位置を調整しながら余分な水分も吸い取っちゃいましょう。


バーディング4

ここで登場!紋章デカールの必須アイテム「VARNISH」。
乾いてくると紋章でカールに空気が入ってシワシワになっちゃいます。空気が紋章デカールと下地の間に入らない程度に、水分を筆で調整して、「最もいい感じ」のところに、水で薄めていないストレートの「VARNISH」を筆で塗っていきます。
そう。「VARNISH」でフタをするように。
「VARNISH」は紋章と下地の隙間の水にも溶けていき、「最もいい感じ」の状態のまま、乾いてくれます。


長くなっちゃいましたが、こんな感じで、やってみるといいですよ~。
スポンサーサイト

テーマ : ゲーム - ジャンル : ゲーム

 

<< 買っちった。 | Home | 完成っ!! >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 

powered by

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。