上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
お尻からカメラを入れての検査のため、朝から2リットルの下剤を飲んでいるZONOです。

アナルカメラ・・・ドキドキです。。。

アナル初体験の僕は、風俗でアナル経験のある後輩に教えを請うたのですが、

「気持ちいいっス」

って、笑顔で答えてくれました。

アナルにおいては、彼のほうが先輩なので、「アナル先輩」のお言葉を信じて、怖がるのはやめようと思いマッスル。

tm10

っていうことで、今回は、黒サフの準備から。

ペイントしてから接着するパーツがあるので、接着面となる部分に、マスキングテープを貼ります。

以前は、この作業をやらないで、「ペイントした後に、接着面となる部分の塗料を削る」・・・っていうやり方をやっていたんですが、プラセメントで、接着面の周りの塗料が溶けちゃって、見た目が汚くなっちゃってました。

さらに、プラ同士を溶かして接着するプラセメントなだけに、塗料という不純物が混ざることによって、接着強度が弱くなってしまう感じがあります。

tm11

黒サフの後、CHAOS BLACK で黒サフの吹きムラを補うために全体的にペイント → NECRON ABYSS でベタ塗りしたところです。

ああああ・・・げ・・・下剤の効果が・・・

tm12

tm13

↑ ULTRAMARINES BLUE でドライブラシをかけた後

tm14

tm15

↑ SPACE WOLVES GREY でドライブラシをかけた後

写真だと、あんまし「ULTRAMARINES BLUE でドライブラシをかけた後」との違いが分かりませんが。。。

白っぽくなっちゃうくらいまで、ドライブラシしちゃいます。

この後、ASURMEN BLUE でジェイディングしますが、インクカラーの時よりウォッシュカラーは染まりやすい?感じがするので、思った以上に「青く」なっちゃうんで、ジェイディング後にドライブラシしたのが無駄にならないように、「やりすぎ?」って思うくらい、白っぽくします。

あ・・・

アナルの時間が近づいてきたんで、今日はこの辺で。。。


☆晴耕雨ォーハンマー情報☆
 ただいま、サンチュ、わけぎ、壬生菜(ミブナ)、アイスプラントが収穫されておりマッスル。もうちょっとしたら、ブロッコリーもブモッコリー的な感じで、もっこりしてきそうです。


スポンサーサイト

テーマ : 日記・雑記 - ジャンル : ゲーム

 
12月も、もう半分近く進んでしまいました。

みなさんは、風邪などひいていませんか?

今回から、ターミネーター・アサルト・スカッドの作製の様子を載せていこうと思いマッスル。

tm1

↑ まずは、組み立てから。

今回は、

サンダーハンマー&ストームシールド装備 ・・・ サージェント+1体

ライトニングクロウ装備に ・・・ 3体

の、計5体作製することにしました。

tm2

↑ サンダーハンマー&ストームシールド装備のほうは、ストームシールドが邪魔で、胸部のペイントが出来なくなりそうだったので、左腕は、ペイント後に接着することにしました。

tm3

↑ もともと付属してくるサージェント用の頭は、ハゲおやじで、どうも気に入らないので、「ディヴァステイター・スカッド」に付属している「モテおやじ・ヘッド」に交換。

なかなかカッコ良くなりました。

tm4

↑ もう一人の、サンダーハンマー装備は、ハンマーを振り切った感じのポーズが、僕の「イカス・センサー」に反応したので、このポーズで固定。

足元の白濁液は、僕から出た「糊」じゃありませんよ。

tm5

tm6

tm7

↑ ライトニングクロー装備の3体。

肩に、真鍮線を入れるための穴をピンバイスで開けて、アクセサリーの「小型の盾」みたいなのを接着するための強度を増すようにします。

tm9

↑ 「小型の盾」みたいなヤツの接着後は、こんな感じ。

ついでに、グリーンスタッフで、首の部分の隙間を、デティールアップしときます。

プラのミニチュアは、イカス格好にポージングさせることが出来ますが、イカス・センサーに反応するポーズをすると、隙間が出来ちゃう時があるんで、せっかくイカス格好をさせたんだから・・・と、隙間も手を抜かずにやってやりたくなっちゃいます。

隠れちゃってますが、首は蛇腹な感じにしています。

tm8

↑ テレポート誘導装置? も、一応作っておきます。


って感じで、まずはこの辺で。。。


テーマ : 日記・雑記 - ジャンル : ゲーム

 

| Home |


 BLOG TOP 

powered by

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。