上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
今週は、いつもよりもさらにペイントが進んでないんで、作製日記のネタがほとんどないんだけど、搾り出してみマッスルw

前回よりペイントの進んだ点は、残りの3羽の毛並みのペイントが終了したのと、バーディングのベタ塗りが終わったところです。。。

たったそれっぽっちしか進んでないんだけど、その課程の中にもペイントテクを使っています。

まるで、内気な僕の恋愛のように、なかなか進まないんだけど、いろいろやってるんですよ・・・ウソです・・・ボス(僕の奥さん)・・・僕にそんな甲斐性ありません。。。

今回は、毛並みのペイントに、グレイジングってテクを使ってます。

ベテラン趣味人のみなさんにとっては、「知ってるぜっ!」っていう、基本テクなんですが、なかなか簡単に、ペイントのグレードアップを図れるテクなので、初心の友の方々に是非とも使っていただきたく、紹介しますw

「前回のドライブラシでのペイント」後の状態は、「石像」みたく表面が“荒い”&“カサカサ感”がある感じになっていました。

そこで、グレイジングを使って、表面を滑らかにする・・・グラデーションを自然な感じにする・・・ってことをしていきたいと思います。

Image114.jpg

グレイジングのやりかた(塗料の濃度)は、グレイジングをかけたい「グレイジングされる側」の色によって変わってきますが、僕は、グレイジングに使う塗料を25~30倍に水で薄めます。

グレイジングに使う塗料は、基本的に「ドライブラシをかけるときの下地の色(今回の白馬だとSHADOW GREY)」を使っています。コレは、下地に使っているカラーなので、自然な感じに仕上がり、「失敗」があんましありません。(グレイジングを使って、色味を変えたい時は別ですが)

この薄めたカラーを、グレイジングをかけたいところにまんべんなく塗るんですが、ベチョベチョにしないで、表面に薄く塗る感じにするといいですよw


***** ビギナーズ・トーナメント! *****

趣味人歴は長い方だと思うんですが、実際のゲーム経験は10回ちょっとと、ペイント引きこモッコリ全開の僕だったんですが、今年は「イベントとかに積極的に参加してゲームを遊ぼう!」がテーマなんで、公式戦デビューをしてみようかなぁと思いマッスルw

ルールもいまいち不安な所があるんですが、ペイント引きこモッコリだっただけに、ミニチュアがある程度あるので、いままで500ポイントのバトルをしたことがなかったんです。。。なので少ないポイントでのアーミー編成の難しさ(ブレトニアはアーミースタンダード必須)にも不安を感じておりマッスル。

ってことで、昨日はSinさん、天さん、スノットさんにスパーリングをしてもらうべく、池袋のオーガに行ってきました。

天さんのドワーフ、Sinさんの操るスノットさんのウッドエルフとお手合わせすることが出来ましたw

supa

対戦結果は、出目の悪さも炸裂したんですが、どちらも惨敗でした。しかし、とっても参考になるスパーリングになり、ホントに楽しい&有意義な時間をありがとうございましたです!!
スポンサーサイト

テーマ : 日記・雑記 - ジャンル : ゲーム

 
みなさん、ウォーハンマッスルは鍛えてますか??

僕は毎日ちょっとづつ鍛えてますよ~!

でも、限られた時間の中で、作製日記の更新が遅れてきちゃっているんで、今日は怒涛のごとく、たまっちゃった作製課程の写真をアップしていきマッスル。

bdng

前回は3羽の馬体のペイントでしたが、次に、ブレトニアの命「バーディング」をペイントしていきます!ブレトニアのバーディングのペイントは、基本的に、「ブレトニア紋章学」を参考に、その規則に沿ってペイントしていかなくてはなりませんデス。

もちろん、オリジナルのバックグラウンドをもって、紋章学とは異なる配色でバーディングを彩るのもイカすペイントだと思いマッスルw

サイトのリニューアル前に、旧サイトで紹介していたバーディングペイントテク「マスキングテープさんありがとう大作戦」を今回も使ってペイントしていきます。

このテクは、ぼくのあみだした?しょぼいテクの中でも、ブレトニア野郎限定で“使える”テクだと思うので、やってみるといいですよw

初心の友でも、きれいなバーディングが濡れ・・・塗れちゃいます。

「マスキングテープさんありがとう大作戦」とは、バーディングやランスなどをペイントする時に、マスキングテープ(今回は6mmのテープをデザインナイフで半分にして3mmにしました)を塗り分けたいところに貼って、片方の色をペイント。マスキングテープをはがすと、先に塗った塗料の塗膜との段差ができるので、それを利用して、まっすぐ塗り分けができる素敵なテクです。

今回は、ウワサのファンデーションペイントを使って、「黄色」を塗ってみました。↑の写真は、圭さんの「鉛駒卓遊会」のイベントの商品としていただいたファンデーションカラー、「IYANDEN DARKSUN」をペイントしたところです。ホントに気持ちいい隠ぺい力を誇ってくれました!!金属色として黄色を多用するブレトニア野郎の必須アイテムとなりそうですw

bdng1

ほら、そこに「GOLDEN YELLOW」をペイントすれば、こんなにキレイに仕上がりマッスル!!

bdng2

ふつうペイントは、中に着ているモノとか、奥のモノからペイントしていきますが、僕のバーディングのペイントは違います。

バーディングに塗りムラができないように、たっぷりベタ塗りをするので、確実に内側のチェインメイルにはみ出てしまうので、先に塗りムラを気にせずにバーディングをペイントしてから、内側のチェインメイルを塗ります。

バーディングは後でウェザリング(汚し)をして、リアル感を出すとしても、汚す前の状態で塗りむらがあると、それは「汚れ」ではなく、「雑な塗り」になってしまうので、あとで汚すからといって、テキトウにペイントするのは、もったいないですよ~。

bdng3

戦場では見えにくいかもしれませんが、ヒヅメもペイントしてあげます。これは、時折、ナイトよりも活躍する「馬キック」に敬意を込めてのペイントです。

kansei1

kansei2

kansei3

作業工程が一気に飛んだ感がありますが、最後に金属関係、目と舌と歯など、細かい関係をペイントして、ウェザリング、デカール貼りで完成です。

デカール貼りは、「大人のテク」で詳しく説明しているんで、参考にしてくださいねw

kansei4

kansei5

kansei6

この「茶色の毛並みに、黒の羽とたてがみ」が意外とお気に入りですw

part2-1

次は、残りの3羽の作製に移りマッスル!

まずはギャラント専用「白馬」を「SHADOW GREY」を下地に「SKULL WHITE」でドライブラシ。

part2-2

pgk3

ペイントすると、見事にグリーンスタッフがカモフラージュされますw

part2-4

p3.

こっちも、つなぎ目カモフラージュが成功したみたいですw

↑↓の写真は、灰色のペガサス×2だよ。

part2-6

part2-7

灰色×2もバリエーション化のために、1羽の羽根に、白い羽毛のラインを入れます。

少しでも、バリエーションが無いのを隠すために、コンバージョンとペイントで工夫をしますw

これでたまってた分(アッチの方は、まだまだ溜り気味ですが・・・)は、出し切りましたっ!

スッキリです。

長々とお付き合いいただいてありがとうございマッスルです!!

テーマ : 日記・雑記 - ジャンル : ゲーム

 
どうもっ!

作製日記がなかなか進まないのは、いつものことなんで大目に見てねっ!

1日30分くらいのペイント時間だと、なかなか掲載できるほど、作業が進まないの。

週末は、「パイレーツ・オブ・カリビアン」を観に行ったりと、楽しかったけど、全然ペイントが進みませんでした。。。でも、完全に海賊のカッコ良さに影響された僕は、海賊アーミーがあったら、真っ先にアーミーボックスを2個くらい買っちゃいそうな気持ちになってます。

なんか、昔、GWのサイトで海戦を見たような、見ないような・・・気のせいか・・・。

そんでもって、量産ペイントの苦手な僕は、せめてペイントのスピードアップを目指して、ペガサス3羽(羽が付いてるから)を一気に(僕的に)塗ることにしましたっ!!

僕の、ペガサス・ナイツ完成予想図では、白(チャンピオン)、灰色×2、茶色×3のペガサスの毛並み配色なので、まずは、茶色3羽を作ってみたいと思いマッスル。

パンツとペガサスは絶対に「白」と思っていた僕は、6版でペガサスナイトがリニューアル?された時は、なかなか受け入れられませんでした。

でも、今となっては、ピンクや黒のレースひらひらのパンティーが大好きなように、茶色のペガサスもなんかいいんじゃない?って思えてきました。

cha1

このタイミングで、画像挿入は無いんじゃないかっ!って感じですが、セ○○のときも、「このタイミングで挿入は無いんじゃないかっ!」が好きな僕は、挿入してみました。

まずは、完成イメージよりもちょっと暗めの茶色(SCORCHED BROWN)をベタ塗り。

面倒くさいし時間もかかっちゃうけど、Mなので、羽に白い羽毛も入れました。羽毛も「SHADOW GREY」でベタ塗りです。

cha2

白い部分は、ウェットブラシ(SKULL WHITE)をかけます。

茶色い部分は、はみ出た白系を修正(SCORCHED BROWN)、ドライブラシ(BLEACHD BONE)を白に付かないようにかけて、ジェイディング(BROWN INK)をします。

わかりづらいかもですが↑の写真の右半分がベタ塗り、左半分が今回の羽塗りです。

もう少し、記事を書こうかと思ったんですが、今日はこの辺で。

テーマ : 日記・雑記 - ジャンル : ゲーム

 

| Home |


 BLOG TOP 

powered by

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。